それぞれのお見送りお葬式

人が一人亡くなった瞬間から始まるお見送りの儀式お葬式は、先ず医師による死亡確認と、死亡診断書を書いてもらう事から始まります。

どのようにお見送りされるかは、故人の希望が優先されますが、故人の意向が遺されていない場合には、遺族の意見によって進められて行きます。

多くの方々が、葬儀会社や、個人の信仰されている宗教の教えに従って執り行います。

台東区のお葬式のことならこちらのサイトが便利です。

お葬式は、故人が亡くなったとの知らせを家族や親族から直接聞いたり、知人に聞いたりされた方々が、故人との関わりを考えて出席を決めます。



お通夜の執り行われる時のみ参列して故人とのお別れを済ませる場合もあります。

NAVERまとめに関する予備知識が満載です。

遠方から参列される場合には、知らせを聞いてから参列しても、お通夜には間に合わず、葬儀のみ出席される場合もあります。


お通夜と、お葬式の両方に参列し、火葬場や、納骨にも参列されることも故人との関わりが関係します。

しかし、現在家族のみが参列してお葬式を済ませる家族葬が主流となってきています。

このため参列しお悔やみを包んでも、参列のみ許され、お悔やみのお包みは、丁重にお断りされることが増えています。

このような場合には遺族の意思を尊重されることをお勧めします。
遺族は、葬儀の参列者の数を予め予想して、お返しの品や、食事を用意されています。

予想以上には準備されていないこともあります。

故人は亡くなっても家族や親族は、健在である場合がほとんどです。
今後のお付き合いのことを考慮しても遺族の意思を尊重してあげることが賢明です。